滑床渓谷観光の基本

| 未分類 |

四国には日本一綺麗な清流と言われている四万十川が有ります。
四万十川は、高知県の西部を流れている渡川水系の本川であり、全長は196キロに及ぶ一級河川なのです。
また、四万十川は日本最後の清流であり、名水百選になっているのが特徴です。

 

 

この四万十川には幾つかの支流が有りますが、その支流の一つに目黒川が有ります。

この目黒川の最も上流域には滑床渓谷が有ります。

 

 

 

この渓谷が在る場所は、足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園の一部であり、サマーには多くの人が訪れ、涼を求めると言います。
暑い時期でもあるサマーは、渓谷などの場所はうってつけの観光スポットでもあるのですが、美観も優れている事からも人気の高いスポットでもあるのです。

 

また、滑床十景と言われている、千畳敷、霧ヶ滝、雪輪の滝や落合淵などの景色は圧巻であり、その中でも雪輪の滝と言うのは、とりわけで綺麗であると言われており、このスポットは特別人気が高いのです。

 

雪輪の滝は、日本の滝100選に選ばれていると言われており、高さ80メートルの滑らかな岩肌を、川の流れがなめるような形で、雪の輪の装いを持つ、水紋を残しながら流れ落ちる様子は雄大であり、且つ華麗で在ると言われているのです。