道後温泉

| 未分類 |

フォールと言う季節には温泉旅行に出かける人が多いものです。

 

四国の愛媛県松山市には日本の中では古湯と言われている道後温泉が在ります。
また、この温泉地の中心的存在となっている、本館の建物などは、日本の重要文化財に指定されており、歴史のある温泉地になっているのです。

 

この温泉地がある場所は、愛媛県の代表的な地域であり、小説にも描かれている事からも、その小説に書かれている実在されている名所を巡ると言う旅も楽しいものです。

 

温泉は、家族水入らずで入浴する事も可能なもので、温泉につかりながら会話を楽しむのも良いものです。

 

温泉に行く季節は、フォールが良いと言えます。
温泉に入ることで新陳代謝が高まり食欲を掻き立ててくれます。
また、フォールは食欲の季節とも言われており、温泉に入ってお腹を空かせ、温泉地にあるお店で食事をとれば、家族水入らずの時間を過ごすことも出来ますし、その結果旅の思い出にも繋がるのです。

 

 

フォールは食欲の秋であると同時に、行楽の秋、読書の秋などとも呼ばれているわけですが、この温泉が描かれている小説などを改めて読んでから、旅行をするのも楽しいものです。

因みに、この温泉地には共同湯が2つあると言われており、一つは地元の人が主に利用するところと、本館は観光に訪れる人が多く利用すると言われています。