愛媛県大洲市は、美しい自然が広がるのどかな町として知られています。特に、市内を流れる清流と、その周辺に咲き乱れる花々は、近隣の住民から愛されており、また、県外からも多くの観光客を集めています。

 
五郎河川敷は、特にそういった花々を楽しめる場所として知られており、花ざかりのスプリングシーズンには多くの見物客で賑わいます。
その中でも、春に開催される菜の花まつりは、6haに及ぶ菜の花畑が一斉に花開き、一面に黄色い菜の花が咲く様子が有名で、見物客の他、アマチュア写真家なども多く詰めかけます。

 

 
他にも菜の花にちなんだ様々な催しが開催され、期間中は、各種イベントや、演奏会など、様々な方法で楽しむことができます。
こうしたスプリングシーズン以外でも、夏期にはひまわり畑が満開になり、これも見所の一つとなっています。また、夏にはこれ以外にも、鵜飼が行われており、屋形船から鵜匠が巧みに鵜を操る姿を見物することができます。
この鵜飼も夏の風物詩として親しまれており、観光の目玉となっています。
大洲市では、秋にはいもたきと呼ばれる風習もあり、秋の味覚を楽しむことができる催しとなっています。
このように、四季を通じて様々な楽しみ方ができることから、多くの人から人気の場所となっています。